面接官ここをチェックしている!面接時に見られているチェックポイント。

面接では介護の経験が長かったり実力のある人でも、必ず内定を獲得できるとは限りません。

介護経験や実力とともに人柄も同じく見られていますし、そもそもそれがうまく伝わらなくては高評価を得ることができません。

今回は面接官はどのような視点であなたのことをチェックしているのかをご紹介します。

介護業界の面接官チェックポイント

勤怠や人間関係について

想定質問:長く働いてもらえそうか?

▼ポイント
転職する理由も大切ですが、入職後なにをしていきたいのか、どうなっていきたいのか等、明確な意思をもっていること。熱意を伝えることが重要です。


想定質問:利用者様や職員と良い関係性をつくれる方か?

▼ポイント
見た目の第一印象も大切です。またハキハキした大きな声で受け答えも大切。自信がなさそうな方は懸念材料になります。


スキルや即戦力になるかについて

想定質問:即戦力として活躍してもらえそうか?

▼ポイント
介護職の方であれば、三大介助はできて当たり前ですので、経験者としてどんな介護をしてきたのか、その経験が面接施設にとって活かせそうか等を伝える必要があります。


まとめ

面接官がどういう視点で面接を行っているかを理解することで、その施設ではどのような人材が求められていて、あなたの良さをどのように伝えれば納得してもらえるのかの対策を立てることもできます。

実力では受かるはずだったのに、面接時にうまく質問が答えられずに自分をアピールしきれなかった、
ということにならないよう、必ず準備をして面接に挑むようにしましょう。