株式会社ケアプラスの社員インタビュー

株式会社ケアプラス

当サイト「ケアキャリ」に登録していただき、ケアプラスに相談員としてご入社され、現在は新潟営業所で副所長として活躍中の猿渡氏からもお話をお聞きしました。

Q1. ケアプラスにご入社される前はどのようなお仕事をされていたのでしょうか?

株式会社ケアプラス 新潟営業所副所長 猿渡康博氏

株式会社ケアプラス 新潟営業所副所長 猿渡康博氏

10年間、介護福祉士(国家資格)として介護老人保健施設、特別養護老人ホームにて勤務し、身体介護等ご高齢者の身の回りのお手伝いをさせて頂いておりました。

その後1年間は、大手ハウスメーカーの営業職に転職し、毎日50件程の新規飛び込み営業をしておりました。

Q2.ケアプラスを選ばれた理由をお聞かせください。

お客様に心から喜んでもらえる仕事がしたかった

まず、やはりお年寄りが好きという点です。一旦介護から離れましたが、お客様に心から喜んで頂ける仕事に戻りたかったからです。ただ、介護職として年収面の心配は大きく、介護職と営業職での経験を活かしながら、年収も増やし、自分も企業とともに成長できるような仕事がないかと探しておりました。はじめは求人サイトを見たり、ハローワークの求人を見たりなど、自分で良い理想的な仕事がないか探したのですが、現実は甘くありませんでした。

年収を重視すると以前のハウスメーカーのようなお客様の喜ぶ顔より数字、数字の仕事がやはり多くどうしても違和感をもってしまいました。介護職ですと、月4-5回の夜勤や残業を含めると今の生活に必要な年収にはなりますが、この先、キャリアアップしてもそれほど増えないというのが実態でした。また、介護保険の財源も厳しい中、経営が厳しくなる介護事業所も多く出てくるはずですし、将来性という点で不安が拭えませんでした。

ケアキャリで求人を見つけて、すぐにエントリー

その時、「ケアキャリ」で見つけた訪問医療マッサージの相談員という求人を見て、これは自分の天職になるのではないか?と直感的に感じました。登録をしたところ、次の朝には「ケアキャリ」を運営しているスタッフプラスさんのキャリアアドバイザーからご連絡を頂きました。

訪問医療マッサージについては、詳しくは存じ上げなかったのですが、仕事内容や会社HPを拝見してぜひ面接をしたいと思いました。キャリアアドバイザーの方も右から左に求人を紹介するだけではなく、よく紹介する法人や事業所のことを現場レベルでご理解されており、親身になって相談にのってくれたのはありがたかったです。また、最後は年収交渉までしてくれて規定以上の条件を引き出してくれたことには本当に感謝しています。

Q3.今のお仕事のやりがいをお聞かください。

やはり、お客様の喜ぶ顔が直接見られる事ですね。施術師、SS、相談員のチームワークで、お客様を笑顔にして差し上げられる事にやりがいを感じます。また、裁量をもって創意工夫が出来る環境にあり、会社と共に自分自身も成長できると実感できます。

Q4.逆に大変な点は何でしょうか?

医療保険を使い訪問マッサージは、かかりつけ医から同意書取得が必要なのですが、医師の考え方によって千差万別なのです。対応する医師の考え方を理解した上で、依頼時にひと工夫する必要があります。ご利用者様やご家族がぜひ使いたいと言っても、医師の同意がないとサービス提供ができないという点は通常の営業活動より受注までのプロセスが複雑であり、毎回苦労する点です。相談員として、医師にきちんとサービスの必要性を説明できるよう勉強の日々です。

Q5.猿渡さんのように介護職からビジネスキャリアにキャリアチェンジをされる方にアドバイスを頂けますでしょうか?

ハウスメーカーの営業からケアプラスの相談員へ転身

自分の本当にやりたい仕事なのか考える

介護は素晴らしい仕事である反面、年収面の低さや家庭との両立に悩まれている方も多いと思います。介護の経験を活かしながら、年収アップやビジネスのスキルアップが可能な仕事は世の中には多くあると思います。でも、ビジネス系の仕事は、介護と同様大変なものです。介護とは種類の違う大変さとも言いますか、決して楽ではありません。介護が大変だからという理由で、別の仕事にキャリアチェンジすると、こんなはずではなかったと後悔することになってしまうのではないかと思います。私が介護をやめて入った営業会社では1日飛込50件がノルマでした。ほとんど門前払いでしたし、受注ノルマのプレッシャーも強烈で本当に精神的にきつかったです。

失敗をきっかけに自分のしたい仕事を考えるように

この失敗をきっかけに、自分の本当にしたい仕事って何?と考えるようになったのです。ケアプラスの仕事は、もしかしたらハウスメーカーの営業より大変かもしれません。1日の営業量こそ以前より減りましたが、副所長として毎月の損益計算書を見ながら予算達成に頭を悩ませますし、利用者増、生産性向上、コンプライアンス、債権回収等、本社からの要求もたくさんあります。時として現場のことをよくわかっていないな、と感じる指示も来ます。

施術師は全員3年間の専門学校に通い国家資格であるあんまマッサージ指圧師の有資格者ですので、ある意味、介護職より頑固です(良い意味で)。本社と施術師に板挟みにされながら、ケアマネージャーやご家族との調整もしながら、あっという間に1日が終わってしまいます。介護だけやっていた介護士の時より、営業だけやっていた営業マン時より、とにかく仕事が多岐にわたり複雑です。

株式会社ケアプラス 新潟営業所のメンバー

でも、施術師はもとより、本社のメンバーもケアマネージャーも皆ご利用者様のADLやQOLを改善することを共通の目標にして、それぞれの立場で意見を交わしています。これが大変だけれど、楽しいのだと感じます。寝たきりだったご利用者様が座位を取れるようになり、手をとって数歩歩けるようになり。最後は杖でトイレに行けるようになった時は、外部も内部も関係者全員でやりがいを感じ、それまでの苦労など消えてしまいます。

キャリアチェンジをお考えの方は、本当に自分がやりたい仕事は何か?をよく整理されてから、お仕事の応募をされると良いのではないでしょうか。別の言い方をすれば、必要な年収を得ることができる「楽しい」仕事を探すのであって、「楽な」仕事を探すのではないということだと思います。

あらゆる立場で意見を交わせる環境が、利用者様のためにもなり、やりがいになる。

訪問医療マッサージ相談員の1日の仕事の流れ(例)

8:30 営業所内の準備

9:00 勤務開始 告知(営業活動)へ出発

9:30 お取引先(居宅介護支援事業所や介護施設)訪問

11:00 ご利用者様宅での無料体験

11:30 無料体験後、同意書依頼(かかりつけ医へ)

11:50 お取引先訪問

12:30 外出先にて昼食

13:30 未取引先訪問

15:30 新規サービスの手続き(時間調整や契約締結等)

16:30 未取引先訪問

17:00 帰社 書類整理 PC業務 翌日の準備

18:00 退勤

 

株式会社ケアプラスの相談員求人はこちら

【厳選求人】東京都新宿区の訪問医療サービス / 生活相談員の募集

株式会社ケアプラスとは?

株式会社ケアプラスの企業紹介レポートはこちら

悩んだらケアキャリ!ぜひご相談ください

こんなお悩みはありませんか?

  • ・他社のお仕事紹介が自分には合わなかった
  • ・求人が多すぎて自分では探しきれない
  • ・気づいていない良い求人があるかもしれない

ケアキャリでは完全無料であなたに合った求人を専任アドバイザーが丁寧にお探しします。

転職時期はまだ先、という場合でも構いません。
ぜひご相談ください。


専任アドバイザーに無料相談